価格決定のメカニズム

 先日のブログで、「今こそ太陽光発電」を訴えたところ、多くの反響を頂きました。

 これまで何度も申し上げている通り、価格決定のメカニズムは明快です。
 世の中の全てのモノの価格は、原価の積み上げではなく、需要と供給のバランスで決まります。
 
 商品が少ししかないのに、欲しい人が沢山いらっしゃると、プレミアがついて価格は高くなります。
 逆に、需要が減退し、商品がだぶつくと価格は下がります。

 自分が愛車プリウスを購入した時、エコブームで納車は4ヶ月待ち。
 購入価格は、値引きゼロの定価です。

 1964年に開発されたシャープの電卓は、トランジスタを530個、ダイオードを2,300個使用し、重量は25㎏。
 価格は50万円だったそうです。
 当時の大卒初任給が約2万円だったことを勘案すると、現在の500万円にも匹敵します。
 
 かつて液晶TVは、インチ=1万円、例えば37型なら37万円、というのが相場でした。
 それが今や、インチ=1千円も珍しくありません。
 旺盛な需要を受け、メーカーが量産し始めることも、低価格実現の一因です。
 
 県外の方に、「松山の家賃は47都道府県の県都の中で最下位」と言うと驚かれます。
 四国の中では、最も繁栄しているイメージがあるからでしょう。
 実際に大手ポータルサイトで検索すると、1万円台の部屋がゴロゴロしています。

 ここでもやはり、需給バランスが価格を決定しているのです。
 即ち我々としては、価格勝負に陥らないための差別化を織り込んだ提案が望まれます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR