登山の準備

 我が社の賞与は年三回。
 支給前には、必ず全社員面談を実施しています。
 その中で、改めて気付かされることがありました。

 「上司を見ていると、度重なるクレームや予算達成のプレッシャーで大変に見える。
 上を目指せと言われても、重責を担う姿に夢が持てない。」

 実は、これは全く逆です。
 確かに、「夢」を掴むのは大変なことですし、責任も重い。
 しかし、重責を担い、大変なハードルを越えたところにこそ「夢」はあります。
 日々、ストレスもプレッシャーもなく、冗談ばかり言って、ニコニコ笑いながらでは、「夢」は掴めません。

 例えば、エベレスト登山も同じでしょう。
 「雪崩に巻き込まれるのはかなわない」
 「高山病にかかるのが怖い」
 「空気の薄い中、歩いて行くのはしんどい」
 
 その通り。
 それが嫌なら、登らなければ良いのです。
 であるにも関わらず、多くの人が頂を目指すのは、「達成感」があり、「夢」があり、「浪漫」があるからです。
 勿論、目指すか、目指さないか、選択は自由。

 「大変かもしれないけれど上を目指したい」
 そう思うのであれば、覚悟を決めて登山の準備を整えて頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR