見えてくる違った景色

 日本人である以上、ジャパニーズ・ファーストの価値観は当然です。
 ロシアとの北方領土、中国との尖閣諸島、韓国との竹島・・・。
 日本関連の問題も、各々日本固有の領土というスタンスは明確です。

 しかし、各論を正論で説くほど、外交は単純ではありません。
 北朝鮮の政策を、我々は非難します。
 では、立場を変え、視点を変えて見ればどうでしょう。

 外交は、最終的に力関係です。
 道義的な正しさ以前に、力の強いものだけが正義を唱えることができます。
 
 戦後日本は、急ピッチで復興を成し遂げ、世界TOPレベルの経済大国に成長。
 その経済的な強みを武器にして、外交上も優位な交渉を可能にしてきました。
 近年の中国もそうです。
 その点、北朝鮮は圧倒的に不利でしょう。

 また、隣国との地理的条件も極めて不安定です。
 いつ梯子を外されるか判らない、中国とロシア。
 日本と韓国は、敵対するアメリカの同盟国。
 まさに孤立無援です。

 国内的にも、貧困に喘ぐ独裁国家として、常に不満が潜在しています。
 民衆の暴動や、クーデター等の企てを封じ込めるためには、日本や韓国やアメリカ等の仮想敵を仕立て上げ、国民の批判を逸らし、結束を強める他にないのです。

 トランプ大統領就任以降、一層強まる軍事圧力についても、米国内ですら逆効果を指摘する声があります。
 「安全保障のために、核抑止力が必要だとの北朝鮮の確信を、寧ろ強化する」 デトラニ 元朝鮮半島大使

 繰り返されるミサイル発射や核実験は、常識的に見れば「浅はかな愚行」でしょう。
 しかし、立場を変えれば少し違った景色が見えてきます。
 あくまでも、ものの見方のお話です。
 決して、北朝鮮の体制を擁護するつもりはありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR