サラリーマンは気楽な稼業

 女子フィギュアスケート界の「浅田真央」さんが現役引退を決めました。
 日を同じくして、愛媛が生んだ元大リーガー「岩村明憲」選手も引退を発表しています。

 浅田さんは、世界選手権優勝や五輪銀メダル等、数々の栄冠に輝き、長年エースとして女子フィギュア界を牽引してきました。
 岩村さんも、ヤクルト不動の4番から海を渡り、その年のリーグ制覇に貢献されています。
 
 引退とはいえ、岩村さんは38歳、浅田さんに至っては未だ26歳。
 アスリートにとって、実は引退後の人生の方が長いのです。

 岩村さんは既に、独立リーグの監督として、新たなる一歩を踏み出されています。
 浅田さんも、これまでの実績と、ルックスからして、タレントに近いキャスターとしての道を歩まれるに違いありません。
 しかし、こうして引退後が保証されるのは、ピラミッドの頂のほんの一握りです。

 NPBの選手生命は平均在籍9年、引退年齢は29歳。
 プロサッカー(J3は含まず)の場合更に短命で、平均在籍3年、引退年齢は26歳。
 50歳になっても現役でゴールを決める、三浦知良選手の様な存在もいらっしゃいますが、異例中の異例です。

 完全な実力主義、成果主義。
 明日の保証は皆無。
 電話一本で、即解雇。

 それがプロスポーツの厳しさ。
 勿論、成功者に対する見返りも桁違いですが・・・。

 昔、植木等さんが「サラリーマンは気楽な稼業」と謳いました。
 作詞は、元東京都知事の青島幸男さんです。

 確かにサラリーマンでクラス(30~40人)のトップなら、そこそこの成功者。
 町一番の大立者なら、大企業の重役。
 県下に名を馳せれば、一流企業のTOPでしょう。

 しかし、アスリートの世界は、例え県下№1でも飯が食える保証はありません。
 五輪で9位は、世界で十本の指に入る実力者ということですが、入賞すら逃します。
 
 超人的な才能と、不断の努力をもってしても、この程度のリターン。
 それに比較して、人並みの能力さえあれば、そこそこの努力で社長になれるサラリーマンは、ある意味気楽な稼業です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR