幸福のファクター

 本日は、伊予市倫理法人会のモーニングセミナー。
 三年前の創設時に会員となったものの、実は殆ど参加できていません。

 怠惰なる劣等生にも関わらず、一昨年の松山に続き、講師役を仰せつかりました。
 有難いというか、お恥ずかしい限りです。

 本来、講師の講話は、教えを授けるものでしょう。
 しかし、この失敗だらけの人生は、反面教師と受け止めて頂く他ありません。 
 躓(つまづ)きの歴史を、包み隠さず開示することで、「こいつに比べればましか」と思っていただければ幸いです。

 いつも申し上げる持論を、今日も繰り返します。
 幸不幸を決定づけるのは、資産の多寡や、物質的な豊かさではありません。
 何故なら幸不幸は、事象ではなく、感じるものだからです。
 
 即ち、当たり前の基準によって変わります。
 例えば、食卓にステーキが出れば、多くの人は幸福を感じるでしょう。
 しかし、毎日ステーキを食べている人にとって、それは当たり前です。
 一方、飢える方にとっては、一個のコロッケすら有難いと感じ、「有難い」からこそ、「ありがとう」という感謝の言葉が生まれます。

 どん底を知る、逆境を経る。
 それは決して自ら望むものではないけれど、些細な事象にも幸福を感じられ、感謝の念を表すことができるという意味において、幸福の大きなファクターなのかもしれません。
 「当たり前」の対義語は「有難い」です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR