記録よりも記憶に

 昨日のブログで、希勢の里の劇的な逆転優勝を取り上げました。
 日本中の人々が勇気と感動とで、目頭を熱くした一日。
 しかし、美談に終わらせるには、異論を唱える声も一部聞こえてきます。
 それは、余りにも酷似した歴史からくるものです。
 
 時は2001年、5月場所。
 横綱「貴乃花」は、初日から13連勝。
 しかし14日目の武双山戦で土俵際で巻き落としを喰らい、右膝半月板を損傷。
 
 もはや立つことも困難なほどの重傷であり、二子山親方ら関係者も休場するよう貴乃花に勧めたものの、幕内優勝が掛かっていたため、周囲の休場勧告を振り切り、翌日の千秋楽に強行出場。
 案の定、結びの一番では、武蔵丸戦の立ち合いの変化に全くついて行けず完敗。
 
 続く優勝決定戦、誰もが武蔵丸の勝利を確信。
 ところが、大方の予想を覆し、豪快な上手投げで破り見事な優勝。
 取り組み直後、貴乃花が見せた形相は、文字通り鬼気迫るものであった。

 当時の小泉純一郎首相は表彰式で、「痛みに耐えてよく頑張った! 感動した! おめでとう!」と貴乃花を賞賛。
 後世相撲史に語り継がれる大一番となった・・・。

 問題はこの後です。
 場所後、半月板除去手術の末、一年以上の長きに渡って休場。
 優勝と感動の代償は重く、結果的にこれにより事実上力士生命が潰えました。
 時代を越えて、今の稀勢の里の姿が重なります。
 
 強行出場が、怪我にどれほどの影響を与えたのかは不明です。
 無理をしなければ、貴乃花は更なる記録を残したかもしれません。
 長く相撲を取り続けることも、大変価値のあることです。
 
 それでもスポーツには、記録よりも大事な、記憶に残す意義があると思います。
 いや、それはスポーツに限りません。
 ビジネス上の判断も時に、損得は別にして、信や義や情や、己の生き様を重んじるべき場面があるはずです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR