業績を落とさない限り

 二日連続で、永守重信社長です。
 著書の広告が掲載された同日の日経新聞に、小さな記事を見つけました。

 「日本電産 残業ゼロへ始動」

 自宅横の町工場から創業し、不眠不休のハードワークを糧として、世界のトップメーカーにまで上り詰めた日本電産の掲げる、大転換の働き方改革です。
 かつて、永守社長は公言されています。
 
 「人材でも信用でも技術でも、中小企業は大手企業に敵わない。
 しかし、大手でも中小でも、一日は24時間、一年は365日で共通。
 中小が大手に打ち勝つには、平等な資産である時間を味方にする以外にない。
 社内でも同じ。
 例えば、ベテランが5時までに図面を仕上げて帰るとする。
 若手が同じ定時に上がれば負け。
 仮に、その後残って、翌日の朝までにベテランと同じクオリティの図面を書き上げたとしたら・・・。
 年齢やキャリアに関係なく、会社は同等に評価する。」

 こうした持論ですから、草創期には度々、労基ともぶつかったそうです。
 その永守社長が記事中、「残業ゼロにするためには何でもする」とまで云い切りました。

 大手企業となったため、今の時流に迎合し、永守さんの思想が変わったのでしょうか。
 いいえ。
 先のコメントの前にある、たった十文字の条件が、その答えです。
 
 「業績を落とさない限り・・・
 残業ゼロにするためには何でもする」

 拍手喝采。
 これは至言です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR