永守社長からのファックス

 尊敬するという表現も、敬愛するという表現も、何れも不遜に感じられる程、天井人の経営者「永守重信」氏が、「日本電産 永守重信社長からのファックス42枚」という新刊を出されたようです。

 実は読んだ訳ではなく、日経新聞の広告で知りました。
 かつては、年間200冊という時期もありましたが、老眼には勝てません。 
 とはいえ、見出しだけでも充分刺激的です。

① 自慢話が飛び交う会議にせよ
 自慢話を不遜と嫌い、謙虚さおくゆかしさを美徳とするのが日本人の国民性です。
 しかし、ビジネスシーンは紛れもなく、同業他社と戦争し、社内の他部署と競争しています。
 綺麗事の謙虚さは、卑屈の裏返しでもあります。 

② 見積もりは24時間以内に出させよ
 見積もりのスピード感は、信用・信頼に直結します。
 相手の求めに応じて、鉄は熱い内に打たねばなりません。
 
③ コストの原単価を頭に叩き込め
 永守社長は、カラー・白黒のコピー単価まで頭に入っていると云います。
 原単価は経営そのものです。

④ 市場価格は神の声
 原価の上に経費と利益を上乗せしたものが価格・・・という誤った考え方を持った方は少なくありません。
 本来、売れる価格(市場価格)から逆算して必要利益を差し引き、残額の範疇で原価と経費を抑えるのが正解です。

⑤ 間接部門は多能工化せよ
 経理しかできないとか、人事しかできない人材なら、アウトソーシングした方がまし。
 多能工化することで、フレキシブルに社内の隙間を埋めていければ、生産性に寄与できます。
 間接部門は、コスト部門ではなく、自らプロフィット部門であるという意識改革が求められます。

⑥ 8月を黒字にせよ
 これは、内容を読まないと見当がつきません。
 決算期だからなのか、夏休みで生産性が落ちるからなのか・・・。

⑦ 困難は解決策を連れてやってくる
 本当に、その通りです。
 天は越えられないハードルを与えない、ということもあります。
 
⑧ 2割の支持があれば改革は可能
 我が社も昨秋、創業以来の大改革を実行しました。
 営業時間を短くし、定休日を減らし、システムを変更し、店舗を統廃合し、社員を異動・・・。
 反対の声も少なからずありましたが、初志貫徹したからこそ今日、何とか希望の光を見出すことができます。

 何はともあれ、本を買わずに類推する私こそが、最も不遜な人材かもしれません(笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR