政争の具とする魂胆

 ここ最近、TVのニュースはというと・・・。

1. 築地市場の豊洲移転問題
2. 森友学園への国有地払下げ問題
3. 南スーダンの自衛隊日報問題

 何れも、重要な事案だとは思うのですが、国会の議論も、マスコミの報道も、枝葉末節に一喜一憂している様に思えて成りません。
 問題が起きた際の手順は決まっています。

① 事態を打破すべく決断して進める
② 問題の真因を探り、再発防止を図る
③ 責任問題・・・

 ところが今、論じられているのは、もっぱら最後の責任問題と犯人探し。
 国会野党にしても、東京の知事にしても、政争の具とする魂胆が見え見えです。

 盤石な支持基盤の元、高い支持率を誇る安倍政権に一矢報いたい野党の気持ちも判らないではありませんが、余りにも膨大な時間がそこに割かれ、国会が事実上空転し続けることこそが問題でしょう。
 
 そもそも、外交や政策や戦略や長期的なヴィジョンを巡って、侃々諤々の議論が交わされるのが国会のあるべき姿です。
 であるにも関わらず、先生方の些末なやり取りたるや、いかにレベルの低いことか。

 敵対する相手の重箱の隅を突き、足を引っ張ることで支持率を下げ、そこを踏み台にして自分達がのし上がろう等という邪な考え方で、貴重な税金と時間を浪費して貰いたくありません。
 選挙権を有する我々は、こうした茶番劇をしっかりと見極め、一票を投じるべきです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR