竹槍でB29を撃墜す

 繁忙期真っ只中です。
 昨年と比較すると、反響は飛躍的に増えています。
 市況のせいではありません。

 昨秋、FC本部のシステムと社内システムが、同時に変更されたことが主たる要因です。
 照準を定め、矢で的を射抜くのがいかに難しいことか、我々は数年間のジレンマから学んでいます。

 FCの賃貸仲介についての考え方は、大いに共感できます。
 だからこそ、8年前に加盟を決めた訳です。

 しかし、ことシステムに関しては、他FCと比較して立ち遅れていました。
 担当のスーパーバイザーに対して、ことあるごとに開発・改善を要求してきたものの、なかなか改善されません。

 4~5年前から、口調が変わります。
 「遅まきながら、システム改善できそうです。」
 吉報を受け、「いつからですか?」と訊ねると、「時期についてはハッキリ申し上げられないのですが・・・。」と言葉を濁します。

 同じやり取りが数年続くに至り、不信感は決定的に。
 「オオカミが来るぞ!」と連呼する少年が、信用されなくなってしまう寓話そのものです。

 こうした流れに愛想を尽かした我が社は、自社システムの改善に取り組みました。
 すると、FC本部から、「遂に今秋、システム改善が始動します。」との連絡が・・・。
 もはや、嫌がらせかとも思えるタイミングです。
 おまけに、「社内システムの改善をストップした方が良いのではないか?」という提案まで頂く始末。

 「お気遣いありがとうございます。
 しかし、過去数年の経緯から、御社の言葉は信用していない。
 その言葉に何度期待し、何度失望してきたことか・・・。
 形の見えない不確かなことは信用しない。
 目に見えることから、確実に進めていきます。」

 結果的に、社内も本部もシステム改善され、社内は多いに混乱しました。
 その前向きな混乱は、今日の成果に結実しています。

 社員の頑張りが、成果につながる仕組みは、極めて健全です。
 改めて、竹槍でB29は撃ち落とせません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR