天命を知るキング

 いつも拙文で御紹介する、日経新聞のコラム「サッカー人として」。
 今年、三浦知良選手は、50歳のサッカー人として、Jリーグのピッチに立ちました。

 「試合に出られる状態を整えるのは自分の管轄。
 その上で試合でのパフォーマンスは周りとの連係、協力次第だとつくづく思う。
 共存あってこそ、といってもいい。
 もしサッカーが純粋に個人対個人のスポーツだったら、50歳まで選手でいることなどできない。
 自分一人で全部をできる状況などないのだから。
 周りの人の走力、体力、知恵と共存しなきゃ。
 周りに助けられ、自分もチームのためにすべてを尽くす。
 自分だけを抜き出して評価するのではなく、周囲との関係性においてどうかを見ていかないといけない。
 -中略-
 仲間があって自分がある。
 生かし生かされ、助けて助けられて。
 そんな法則が働いているのが、いつからか判るようになるんだ。
 若い時は自分勝手。
 ブラジルで修業時代の僕も必死だったし、自分ができることしかやってなかった。
 その身勝手さを、周りのベテランがバランスを保ちつつ、うまく捌いてくれていたのだと、この歳になってよく判る。」

 ゴールを決め、華麗にカズダンスを舞い、観客にアピールする雄姿に、鼻もちなら無い横柄なイメージを抱いたこともあります。
 しかし、協力の大切さや仲間への感謝を重ねて説く三浦選手は、紛れもなく徳の高い人格者です。
 
 「五十にして天命を知る」

 私自身も、かくありたいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR