諭す心根は赦すこと

 長男の性格は私に酷似しています。
 先日、二人の息子と映画を観に行った際、奇異な光景を目の当たりにしました。
 上映開始されて間もなく、一組の老夫婦が入館。
 真っ暗な館内を、御爺さんが先導し、御婆さんを誘導し、二人は手探りで席につきます。

 映画のクライマックスシーンで、響き渡る電子音。
 そう、御婆さんの携帯電話です。
 そして、予想に違(たが)わず、電話を取って会話を始めます。

 その瞬間、長男が脱兎の如く駆け寄り、鬼の形相で注意。
 御婆さんはそのまま、外に出て行き、映画が終わるまで帰ってきませんでした。
 
 エンディングロールが消えるまで見届けた長男が、お爺さんに近付き再び一言。
 それが攻撃的な内容であることは、概ね察しがつきます。
 
 近くにいらっしゃったカップルからの、「注意してくれてありがとう」という声掛けもあって、帰路の車中二人は、老夫婦のマナーの悪さを延々愚痴り続けました。
 でも、彼らの親として、同調する気にはなれません。
 
 「確かに、老夫婦のマナーが悪かったのは事実。
 見て見ぬふりをせず、毅然たる態度で注意した行いそのものは悪くない。
 問題なのは言い方、感情的にキレちゃいけない。
 諭すことと、責めることは違う。
 人は誰しも間違ったり、失敗したりするもの。
 最後、『偉そうに注意して、ごめんなさい』と頭を下げれば、もっと良かったと思う。」

 親父の説教とは違います。
 偏った正義感から、注意しないと気が済まない性格は、まるで自分の若い時を見るようです。
 彼の年齢であれば、自分もまったく同じ行動をとったかもしれません。 
 人生を半世紀以上歩み、失敗を繰り返し、己の不完全さに気付いたからこそ判り得たことがあります。

 無知が故、孫の様な若者から叱責され、二度と戻れなかった御婆さん。
 折角の映画の機会を、一人ぼっちで最後まで見届けた御爺さん。
 相手の気持ちに寄り添えば、もう少し優しくなれたでしょう。 

 諭す心根は赦(ゆる)すこと。
 「ありがとう」と「ごめんなさい」は、より良い人間関係を築くと共に、人間性をも高めてくれる妙薬です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR