百年の計:前編

 不動産取引における報酬は、取引金額の3%(※正確には+α)と定められています。
 一億円の土地を仲介すれば300万円。
 これは、売主もしくは買主の何れか一方から頂ける上限額です。

 一般的には、売主側の業者と、買主側の業者が協力して、取引を行います。
 売主から物件を預かった業者が、併せて買主も見つければ両直取引となり、報酬は600万円に膨らみます。
 できることなら双方から手数料を貰おうと、他社に情報を流さないケースもあります。

 今から20年以上前、自分が不動産業駆け出しの頃の話です。
 購入のお客様から依頼を受け、希望エリアを回っていると、頃合いの売り物件を発見。
 看板の業者に電話してみたところ・・・。

 「うちは、他社に委ねることはしていない。」
 と言下に断られ、取りつく島もありません。

 御客様である売主が「早く売りたい」と願っていて、「買いたい」と希望する買主が居るにも関わらず、仲介業者が私利私欲のために拒むというのは不誠実、不合理、不条理です。
 こうした情報の囲い込みを図る業者は、未だにいらっしゃいます。

 不動産の価格が年々値上がりするバブルの時代ならともかく、今は時間が経てば経つほど、価格は下落します。
 タイム イズ マネー。
 単独仲介の囲い込み業者は、文字通り御客様に損失を与えているのです。     つづく  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR