実務家と評論家の違い

 先日、橋下徹さんがレギュラー出演している深夜番組で、名うての論客との舌戦が繰り広げられていました。
 文字通り政治生命を賭けた大阪都構想や、沖縄在日米軍等の問題について、論客は橋本さんの踏み込みの甘さを指摘します。
 橋下さんの議論の肝は、実務家or評論家の対比です。

 「ではあなたは、この問題について実現可能と思っているのか?
 可能だとすれば、どうやって実現していくのか?

 私は大阪府政、市政を通じ、あそこまでの仕事しかできなかった。
 裏を返せば、あそこまではやれた。

 政治家は、現実と向き合い、実際に物事を進めていかなければならない。
 部分的に切り取って、抽象的な批判をしていれば良いコメンテーターとは違う。
 
 そこまでいうのなら、あなた自身が政治家となってやってみること。
 百歩譲って、コメンテーターの立場であっても良い。
 面白おかしく世間を煽動するマスコミに同化することなく、大局観を持って正しく導くべきだ。」

 やはり実務家のコメントは、一味違います。
 
 沖縄の人々の心の痛みに寄り添うことは重要。
 「在日米軍は直ちに出て行け」と叫ぶのは簡単です。
 しかし、米軍が守ってくれなくなれば、自前の軍隊を強化しなければなりません。
 そのためには、巨額の防衛費が必要です。
 その予算をどうやって捻出するのか・・・。 

 「紛争」と「衝突」の言葉の定義について、国会審議で長時間質問する、どこかの国の野党の様に、重箱の隅を突き、責任の無い批判を論じることは誰にでもできます。
 それをどうやって解決するのかが実務家の仕事。
 ビジネスも同じでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR