事後の百手の終焉

 家賃滞納の督促は、管理会社の重要な業務です。
 これができないからと云う理由で、管理を委ねる大家さんも少なくありません。
 
 滞納督促は、基本的に店長を責任者としていますが、難しい案件になると社長が出て行くこともあります。
 先般、4年来の滞納案件に目処が立ちました。

 自分が乗り出した時には、既に数十万円まで膨らんでいたものです。
 本人に連絡すると、完済日時を約束するものの、尽(ことごと)く裏切られるのはお決まりのパターン。

 保証人に連絡をとっても、居留守。
 折り返しをお願いしても、梨の礫(つぶて)。
 内容証明を何通送っても、反応なし。

 仕方なく、支払督促の手続きを取ります。
 裁判所には、何度足を運んだことでしょう。
 仮執行宣言に漕ぎ着けた段階で、やっとのことで保証人と本人から、取り下げ要請が来ました。

 全員揃って事務所に来て貰い、連帯保証人の義務を説き、滞納分の分割払いの協議を終えます。
 しかし、それからも支払は滞り、その度に保証人を呼び出し、本人に呼びかけ、足かけ四年の歳月をかけてやっと完済。
 これまでの出来事が走馬灯の様に蘇り、感慨ひとしおです。
 
 本当に、多大な時間とエネルギーを要しました。
 そして、この案件からの学びは二点。

 1. どんな難しい案件も、熱意を持って行動を起こせば何とかなる
 2. 溜まったものを回収するよりも、溜めないための早期督促

 事後の百手よりも、事前の一手です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR