キリギリスの末路

 春商戦の2~3月、店舗は無休、社員は週休一日。
 年に一度のシーズンとはいえ、社員の皆様には苦労をかけます。
 
 バブルの余韻の残る平成二年、某菓子店で店長を務めていた頃の話です。
 御菓子が売れ難いとされる、7月OPENであったにも関わらず、爆発的な売れ行きで、一年目年商1億円を突破しました。
 クリスマス → 年末年始 → バレンタインデー ・・・。
 矢継ぎ早にイベントが続きます。
 
 菓子店は、12月が最も忙しいと思われがちですが、実は繁忙期は3月。
 雛祭り ・ ホワイトデー ・ 卒業 ・ 入学 ・ 就職 ・ 転勤 ・・・。
 とにかく目の回る忙しさです。

 その3月が終わった時点で、FC本部が一周年記念の創業祭企画を持ちかけてきました。
 7月OPENなので、当然に創業祭は7月だと思っていたところ、SV(スーパーバイザー)は言います。
 「5月のGW(ゴールデンウィーク)にぶつけましょう!」

 「いやいや、一周年は5月じゃないし。
 GWは、放っておいても売れるし。
 7月の暇な時の方が、準備も万全にできるし。」

 無知な店長は、恥ずかしげもなく、もっともらしい理屈をこねて、声高に反対します。
 しかし、次の方程式を突きつけられて、二の句が告げられません。

 創業祭の広告を打てば、40%売上増が見込める。
 7月の売上期待値 三日間で 50万円 → × 40% = +20万円
 GWの売上期待値 三日間で150万円 → × 40% = +60万円

 暇な時にイベントを仕掛けても、売上増は限定的。
 稼げる時にしっかり稼いでおくのが商売の鉄則、ということです。

 暇な時の落ち込みを底上げしたい・・・という店長の本音は別にあったかもしれません。
 GWくらいは販売員を休ませたい・・できれば自分も休みたい。 
 こんな浅はかな判断をしていると、早晩店はつぶれてしまうでしょう。
 望まなくても、年中GWに成ります。

 幸い、賃貸仲介業は、GWや年末年始や御盆期間中は閑散期なので、長期休暇も可能。
 その分、踏ん張りどころがあります。
 一所懸命仕事をしているアリの姿を横目に、バイオリンを弾き歌を歌って遊び呆けていたキリギリスが、冬を迎えてどうなったか?
 寓話を読み返すまでもありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR