ゴーン流リーダーの条件

 日経新聞最終頁に連載されている「私の履歴書」。
 今回は、かつて瀕死の日産自動車を復活させたカルロス・ゴーン氏です。
 昨年、燃費偽装事件で存亡の危機にあった「三菱自動車」救済に名乗りを上げ、世間を驚かせました。
 
 昨日の文中で、ゴーン氏はリーダーの条件を三つ挙げています。
 読み砕くと、四つになるようですが・・・。

1. 厳しい条件下でも結果を出せる人
2. 軋轢を恐れず率直に意見できる人
3. コミュニケーション能力の高い人
4. 新しいことを学ぶ姿勢のある人
 
 二番目は特に印象深い内容です。

 『 トップは、経営、組織の問題点をはっきりさせ、時には周囲が「右」と思っているところを「左」と言う必要がある。
 日本人には簡単なことではないかもしれない。
 控えめなことを美徳と考える文化があるからだ。
 日産とルノーの「アライアンス・ボード・ミーティング」を始めて聞いた時、会議でずっとしゃべっていたのはフランス人。
 日本人は静かに聞いていた。
 だから私はフランス人に「仲間の意見も聞こう」と言い、
 日本人には「もっと意見を言って」と促したものだ。 』

 フランス人と日本人の、各々の長所と短所を踏まえた上で、的確に指示する。
 やはりゴーン氏は、卓越した経営者です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR