ドーピングの理由

 IOCは、北京オリンピック男子陸上400mリレーで、ジャマイカチームの一人がドーピングしていたとして、金メダル剝脱を決めました。
 この競技で銅メダルだった日本チームは繰り上げで、銀メダルに成ります。
 とはいえ、当事者も手放しには喜べません。
 「今まで銅メダリストとして生きてきたのが、実は銀メダリストでした、となるのは複雑。」  朝原宣治氏

 それにしても、北京といえば、9年前のオリンピックです。
 恐らく、何所かの誰かから情報提供があり、再検査した結果でしょう。
 
 チームの一員であった、短距離陸上のスーパースター「ウサイン・ボルト」は、三大会連続で100m、200m、400mリレーの三冠に輝き、前人未到の偉業を達成しましたが、今回の事件でケチがつきました。
 
 かつての旧東ドイツや、近年のロシアでは、国ぐるみで不正に手を染めていたとの疑惑もある位です。
 発覚すればメダルだけでなく、栄誉も、名声も、信用も、選手生命も、すべてを失います。
 人生を台無しにする可能性を孕(はら)んだリスクであるにも関わらず何故・・・。
 
 さて、企業は、営利を追求する集団です。
 売上高〇〇億円、経常利益〇〇%、そして上場・・・。
 大なり小なり、こうした目標に向かって邁進します。

 しかし、勘違いしてはいけません。
 目標ではあるけれど、目的ではない。
 マイルストーン(一里塚)ではあるけれど、ゴールではない。

 ここで、目的と目標を取り違えてしまうと、アスリートのドーピングと同様に、不正を受け入れ、道を踏み誤ることにつながります。
 何のために存在し、何によってステークホルダー(利害関係者)に貢献し、最終的にどういう企業を目指すのか。
 理念やヴィジョンやポリシーの重要性がここにあります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR