裏切りへの葛藤

 昨夜は、劇団の新年会。
 内子の劇団らしく、地元八日市の町並みにあるドイツ料理の店を貸し切りでした。
 24年目のスタートです。

 旗揚げから参加しているメンバーも十名以上居ます。
 前回好演したアイルランド人のピーターも、子役を演じた劇団員の子供も、参加してくれました。
 国境も言葉も世代も性別も超え、一つの舞台を作るために集う掛け替えのない仲間です。

 いつも思うことですが、旗揚げの時には、こんなに長く続けられるとは思っていませんでした。
 様々ありますが、最も大きな理由は経済的自立です。

 町の補助に頼ったり、スポンサーを募ったり、依存する体質であれば短命に終わっていたでしょう。
 絶対に赤字を出さないというポリシーの元、チケット販売の財源のみによって賄う自主自立の劇団は、全国でもそう多くありません。

 依存したくない、もう一つの理由は「表現の自由」です。
 先述したように、町やスポンサーに依存した場合、時として作品の内容にまで介入される恐れがあります。
 
 自分達のやりたい作品を、自分達のやりたいように、自分達で演じる。
 表現の自由を貫こうとするならば、自立性は欠かせません。
 そう思いながら今日まで走ってきた訳ですが、振り返ってみると、必ずしも自由な表現とは云い難い面もあります。
 
 自由に枠を立てるのは、皮肉にも御客様のニーズです。
 題材は「地域密着」、展開は「笑いあり涙あり」、最後は「温かなハッピーエンド」。
 感動の余韻に浸りながら、前向きな気持ちになって笑顔で帰路に着く。
 
 口幅ったい言い方をすればこれが、ファンに潜在する鉄板のストライクゾーンでしょう。
 全員では無いにしても、最大公約数ではあります。

 過去には、アンハッピーエンドの作品もありましたが、観客に広く受け入れられたか否かは疑問です。
 独りよがりなマスターベーションではなく、観客が求める作風に寄せてきたことも、永続の秘訣だったのかもしれません。
 そうした黄金律を理解しながら、敢えて裏切りたい思いもあり、実は少しだけ葛藤しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR