成果主義の不条理:後編

 親会社における給与査定。
 何と、一夜にして自分の月給は5万円アップしました。

 勿論、昇給して嬉しくない人間はいません。
 しかし、自分の思いは複雑です。

 まずは、これまで経営陣の一人として、業績を上げられなかった不甲斐無さ。
 そして、努力が充分に報われなかった部下に対する申し訳無さ。

 どれだけ実力があっても、どれだけ勤勉でも、どれだけ努力しても・・・。
 利益の上がらない会社は、昇給もできず、賞与も出せず、雇用も維持できません。
 利益の上がる会社は、寄りかかる社員も、しがみつく社員も、それなりに厚遇される不条理。
 
 但し、年月を経た今となっては、別の見方もできます。
 7年間の努力があったからこそ、親会社から請われ、昇給もしたのではないかという仮説です。

 ちなみに、子会社に残してきた社員の一人は、2年後に設立する分譲マンション管理会社の社長に就任しました。
 今、NYホームで大洲駅前店店長を務める筆頭取締役です。
 
 成果主義は、配属先の収益性によって賞与が分配されるため、運・不運の不条理は確実に存在します。
 しかし、培った実力や努力や我慢や辛抱は、いつかどこかで必ず報われます。
 ぬるま湯の環境に甘え、手を抜いた社員は、いつか必ず報いを受けます。

 そして、我々経営陣の使命は、社員の一所懸命な頑張りが報われるように、戦略を組み立て成果を生み出すことです。  以上
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR