社名は体を表す

 昨夜は、保険会社「日本〇〇」さんのセッティングで、東京からお越しの「日本〇〇」さんと、地場大手「日本〇〇〇。〇〇」さんと、四社での会食でした。

 同業二社の菅理戸数は各々16,000戸、13,000戸と、我が社の十倍規模。
 卑下するでも謙遜するでもなく、御仲間に加えて頂いただけでも有難いことです。
 御気付きの通り、我が社以外の三社は、総て社名に「日本」を冠しています。

 永守重信さんは、仲間数名と独立し、自宅横の小さな工場で創業した際、敢えて「日本電産」という社名を付けました。
 最初は、社名とは全くそぐわない規模に、取引先から失笑を買ったそうです。
 「いつの日か社名に相応しい会社にする」という強い思いが成長を促し、今日では日本を飛び越え、世界の「日本電産」として名を馳せています。
 先述した地場大手の同業者も、近年東京に進出し、自社開発した無人検索システムも全国に拡がっています。

 実は創業時、我が社の社名は「NYホーム大洲」でした。
 半年後、松山出店する際、違和感に気付きます。
 
 「NYホーム大洲松山南店」
 これはまるで、今は無き「ラフォーレ原宿松山」や、現存する「東京第一ホテル松山」を彷彿とさせます。
 そこで急遽、現在の「NYホーム」に社名変更した訳です。
 
 ところが、未だ銀行印・実印は変えていません。
 従って、印影をよく見ると、「NYホーム大洲」という旧社名が読み取れます。

 先々店舗網を全国に拡げ、いつの日かアメリカ進出を果たし、
 印影の「大洲」の文字を眺めつつ、「NYホームNY支店」という文字の並びに再び違和感を覚える。
 ドラマティックな妄想は膨らみます(笑) 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR