進化論:後編

 前編で語ったことは、テクニカルな部分。
 平たく言えば、お金で解決できる問題です。

 群雄割拠の賃貸仲介業の中で、後発の会社がどうやって生き残るのか?
 更には、他社と何によって差別化するのか?
 言わば、企業としてのアイデンティティが求められている訳です。

 そこで、弊社が今年から始めている取り組みを御紹介しましょう。
 入居の御契約を頂いた全てのお客様のお引渡し時に、各営業からプレゼントを御送りします。
 プレゼントは、画一化されたものではありません。

 夏、外で働かれる男性には、スポーツタオル
 冬、冷え性のOLには、ブランケット
 バイクが趣味の方には、ホンダ「モンキー」のプラモデル
 御自宅を訪問した際に、傘が乱雑に置かれているのを見て贈る傘立て・・・

 御部屋探しを通じ、お客様の現状や趣味・嗜好・価値観等々に触れ、「この方は何を贈ったら喜んで頂けるだろう」と考えるプロセスが、気付きの能力を磨き、感受性を高め、上質な人材を育むものと確信しています。

 お部屋探しのお客様は、遺憾ながら一見様が支配的です。
 直接的に見返りを求める訳ではありませんが、デジタル化の時代に逆行するかのような、人肌のアナログサービスが、将来的なリピートや紹介につながれば言うことはありません。

 管理業者としては、オーナー様の収益を最大化することも重要な使命です。
 オーナー会では、経費を最小化するための新電力切り替え、収益拡大のためのフリーソーラーへの投資、リスクヘッジのための高齢者向け損害保険等、旬な情報を提供させて頂きます。
 
 また、ここ2~3年続く収益物件売買バブルは未だ過熱しており、品不足が一層顕著に成りました。
 売却や購入は、個々人の状況によって変わりますが、売却をお考えであれば、間違いなく今が最高値で売り抜けるチャンスと言えるでしょう。
 
 締めになりますが、厳しい時代を生き残るのは、強いものでも賢いものでもありません。
 変化に対応できるか否かが、明暗を分ける唯一のキーワードです。    
 皆様と共に変化・成長していくことをお約束して、御挨拶に代えさせて頂きます。    以上
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR