見届けるのが上司の仕事

 御客様に御迷惑をおかけしました。
 知人の大家様から賃貸住宅の入居斡旋依頼という、またとないお話しだったにも関わらずです。
 
 失敗は誰にでもあります。
 大切なのは、失敗を繰り返さないこと。
 そういう意味で振り返りたいと思います。

 原因はシンプルに二つだけ。
 1. 部下が指示を失念していたこと
 2. 上司が完了を見届け無かったこと
 
 社長の人脈で仕事を貰うことは、少なくありません。
 そのまま自分が担当することもあります。
 しかし、殆どは部下に振ります。
 そして、部下が失念します。

 「何でやってないんだ!
 言われたこと位、しっかりやってくれ!」
 怒鳴りつける手もあるでしょう。

 しかし、これは明らかに自己責任です。
 これまでにも指示したっきり放置して、御客様に御迷惑をおかけしたことはありました。
 だからこそ、「多分大丈夫だろう」ではなく、「失念するかもしれない」と考えるべきでした。
 
 「あれどうなった?」
 こう言葉を投げかけて、業務完了を見届けるのが、上司の役割です。 
 一方、部下の立場からすると、上司の「あれどうなった?」を聞いた段階で、報連相の不充分さが露呈します。

 何れにしても、お客様にご迷惑をおかけしたことは紛れもない事実です。
 ビジネスチャンスを逃したこと以上に重大なのは、信用を失ったことでしょう。
 売上利益は取り戻せても、信用はなかなか取り戻せません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR