ユーザーとメーカーの置き換え

 年に何回か、JRで出張をします。
 JRの旅は快適です。
 しかし、毎回思うのはチケットを買う際、時間がかかり過ぎるということ。

 自分は基本、自由席ですが、高松⇔松山の往復を購入すると自動的に指定席が付いてきます。
 そこで窓口に行くのですが、すんなり行った試しがありません。

 10分程度は当たり前。
 昨年は20~30分かかりました。
 その時のブログです。
 http://nyhomepre.blog133.fc2.com/blog-entry-1999.html

 しかも、JRサイドは、その程度待たせることを何とも思ってない節があります。
 この辺りが、未だ「親方日の丸」を脱し切れていないところでしょう。

 今や、旅客機でもホテルでも、ネット予約は当たり前にできます。
 いつでも、どこでも、誰にでもです。 
 JR各社でも、ネット予約の仕組みはあるようですが、先述の様なスポットでの指定席確保はできません。

 さて、不動産の場合は、本人確認や信用調査も含め、面談が前提です。
 とはいえ、「来店頂くことが当たり前」という固定観念に縛られますと、お客様のニーズから乖離してしまうでしょう。
 こうしてユーザーの立場で感じたことを、メーカーのサービスに置き換えれば見えてくるものがあります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR