22年目の歴史を刻む

 昨日、劇団オーガンス定期公演「學文のススメ」を開催しました。
 内子座創建百周年記念公演にも成ります。
 
 脚本・演出を手掛けられたのは稲月さん。
 日本人の精神の崇高さ、規律正しさといったものを、明治維新動乱期における外国人からの視点で描く意欲作です。

 先般決着した、トランプvsヒラリーの大統領選におけるネガティヴキャンペーン。
 相手の足を引っ張りあう醜い争いに、全米のみならず、世界が辟易としました。
 日本においても、芸能人のスキャンダルに対する集中的なバッシングや、SNS・ブログの失言をきっかけとした炎上等、敬い、尊ぶ日本人特有の価値観が失われつつある様に思います。
 そうした風潮の中だけに、観客には、より伝わるものがあったようです。

 観客数は、22年間で2番目となる453名。
 文字通り、満員御礼の大盛況でした。
 創設から関わる者としては、大いに感慨深いものがあります。

 公私を問わず、沢山の方に御観劇頂きました。
 ・ 現在、マンションの管理をさせて頂いているオーナー様
 ・ 20年前に御自宅を新築して頂いた御客様
 ・ 今年、御自宅の売却と購入を仲介させて貰ったお客様
 ・ 演劇大学にパネラー参加した際、コーディネーターだった大学教授
 ・ かつて子役で舞台を踏んだ、我が家の長男と次男・・・

 劇団スタッフも、少なからず業務や縁に関わっています。
 ・ 弊社管理物件の入居者
 ・ お引越しに当たり仲介させて頂いたお客様
 ・ 十数年前に御自宅を新築して頂いた御施主様
 ・ 長男の同級生・・・

 仕事やプライベートの枠組みを超え、こうして趣味の世界で交流できることについては、感謝しかありません。
 内子座は重要文化財に指定されていますが、箱物としての価値以上に、地域住民が芸に遊ぶコミュニティが重要でしょう。
 歴史を刻む内子座100年の中で、共に歩んだ22年間を誇りに思う次第です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR