マスコミのポピュリズム

 アメリカ大統領選は、想定外の結果と成りました。
 主要メディアによれば、クリントン氏の当選確率は81%と報じられていました。
 まあ、確率的に19%は外れる訳ですが・・・。
 しかしこれは、マスコミ報道敵に想定外ということであって、実態は想定内だったのではないかという見方もあります。
 
 思えば、イギリスのEU離脱もしかり、今回のトランプ当選もしかり、ボブディランのノーベル文学賞受賞もしかり(笑)
 各種メディアから流れてくる下馬評は、常に番狂わせです。
 読みが甘いということであれば、「しっかりしろよ」と檄を飛ばさないといけませんが、果たしてそうでしょうか。

 これが、意図的な大衆扇動だったとすれば問題です。
 更に、何らかの見えざる力が働いたとなれば大問題でしょう。

 トランプ氏の過去の、女性蔑視の発言。
 ヒラリー氏のメール問題。
 何れも、絶妙なタイミングで浮上して、確実に有権者の投票心理を惑わせてきました。 
 
 世界に影響を与えるアメリカの大統領選報道が、まるでワイドショーか三流週刊誌のスクープ合戦に成り下がっています。
 政治はもちろん、マスコミがポピュリズム(大衆迎合)に走ったのでは、どうにもなりません。
 ジャーナリズムは中立・公正に・・・マスコミの良心に問いたいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR