当たり前じゃない心遣い

 宅建業に携わって四半世紀。
 実は初めて、松山宅建協会主催の旅行に参加させて頂きました。
 
 早朝7:00集合。
 総勢80名の会員および御家族の方が、バス二台に分乗し、目的地の小豆島へ向け出発です。
 「二十四の瞳群像」「寒霞渓」「オリーブ園」「素麵館」・・・。
 名だたる名所を一通り堪能し、帰路立ち寄ったアサヒビール工場で焼肉に舌鼓を打ち、21:00松山市駅に無事到着しました。

 旅行は大いに満足し得るものだったのですが、その最大の要因は、御世話役である厚生委員の皆様の配慮、気遣い、心遣いです。

 委員の皆様は集合時間の30分以上前から、寒い中待ち受けてくれていました。
 全員の参加を確認し、出発した後、すかさず飲み物とお菓子の詰め合わせが配布されます。
 
 参加者からの申し出を受け、休憩場所も臨機応変に変更。
 車中で退屈しないよう、ビンゴゲームの演出。
 
 空いたのを見計らったかの様な、絶妙なタイミングで飲み物の配布。
 立ち寄った先々では、一番最後に降車、写真撮影で巡回、出発前には必ず点呼。

 私も含む全ての参加者は、こうしたおもてなしを当たり前と思ってはいけません。
 「当たり前」の対義語は「有難い」、それが感謝の言葉「ありがとう」の語源です。

 改めて、厚生委員のメンバーの皆様に、お伝えしたいと思います。
 本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR