大局観

 組織のリーダーに必要な要素は多々ありますが、今日は大局観についてです。
 ウィキペディアによれば・・・。

 【 大局観 】
 部分的なせめぎ合いにとらわれずに、全体の形の良し悪しを見極め、自分が今どの程度有利不利にあるのか、堅く安全策をとるか、勝負に出るかなどの判断を行う能力。

 時として大局観は、正しいor誤りという正誤の判断や、損か得かという損得勘定に優先することがあります。
 「必ずしも正しくは無いが、大局を睨んで、ここは受け入れる」
 「決して得にはならないが、大局を見据え、ここは引き下がる」
 これが、大将の判断です。

 私の知る某協会には、大局観を持たない方が、あまりにも多過ぎます。
 仲間内の結束を高めるべく、仮想敵を仕立て上げ、徒党を組み、発言の揚げ足を取り、重箱の隅を楊枝で突き、満座の席で吊るし上げ、足を引っ張り、引き摺り下ろしほくそ笑む。

 厳密に言えば、指摘自体は間違ってはいないかもしれません。
 コンプライアンスは、勿論大事です。
 しかし、そんな些末なことをそこまで掘り下げて、一体どうしたいのかと思ったりすることもあります。
 その執念に満ちた猛烈なエネルギーを、もっと前向きで生産的な取り組みに役立てて頂きたいものです。

 今よりも未来、私よりも公。 
 こうした優先順位を否定する限り、人の上に立つ資格はありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR