訪れない明日

 内子から松山まで通勤する生活も、約20年に成りました。
 これだけで、約40万㎞、時間にして12,000時間(500日)にも及びます。
 
 さて、通勤中の御供はNHKラジオ。
 朝4時台「ラジオ深夜便」のアンカーは、番組の最後にこう呼びかけます。

 「既に一日が始まっているという方も。
 もう少し休もうと思っていらっしゃる方も。
 二度と来ない今日と言う一日を、しっかり生き抜いて参りましょう。」

 そう、今日という日は二度と巡って来ません。
 でありながら、漫然と今日を過ごし、当たり前の様に明日が訪れるものと思っています。
 私も然りです。

 ワタミ創業者の渡邉美樹さんは、次の表現で人生を説きます。
 
 「仮に寿命が82年とすれば、約30,000日。
 人生は、30,000枚のコインでできた砂時計の様なもの。
 この世に生まれ落ちたその日から、一日一枚ずつコインが落ちていく。
 すべて落ち切れば、寿命をまっとうしたということ。
 ところが、そのコインの中に一枚だけ金色のコインが紛れ込んでいる。
 その金のコインが落ちると、残りのコインも一気に落ちる。
 病気や事故で、突然命を断たれるのと同じ・・・。」

 我々は日頃、スケジュール帳をみながら、明日の準備をしたり、一週間後の会食を約束したり、一ヶ月後の旅行を計画したりします。
 しかし、金のコインが落ちたとしたら、その明日は訪れません。
 確かに生きているのは、今日だけ、今だけです。
 
 二度と来ない今日と言う一日を、しっかり生き抜いて参りましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR