イノベーション

 安倍晋三首相が、衆院予算委員会で、日本人3年連続となるノーベル賞に、大隅良典・東京工業大栄誉教授が決まったことについてこう語ったそうです。
 「日本がイノベーションで世界をけん引し、世界に貢献できることをうれしく思う。」

 ところが、一橋大学イノベーション研究センターが編集する「一橋ビジネスレビュー」は、青色LEDで中村修二教授他が受賞した際に、次の論評を残しています。

【 イノベーションがノーベル賞を受賞したというと、当たり前だと思うかもしれない。
 しかし、実はまったく当たり前ではない。
 「科学」と「イノベーション」とは、異なるものだ。
 「科学」とは、モノゴトがどのように成り立っているかについての体系的な理解である。
 対して「イノベーション」とは、経済的な価値を生み出す新しいモノゴトである。
 つまり、どんなに優れた科学の業績であっても、それだけで即座に経済的な価値を生み出す訳ではない。
 優れた科学の業績は、将来のイノベーションにつながる重要なタネではあるが、それだけではイノベーションではないのである。】

 確かに青色LEDは、それ単体で社会的・経済的な価値を持っています。
 いわゆる商売になる(売れる)・・・もっと平たく言えば儲かります。
 そもそも、中村教授は、日亜化学工業という民間企業で研究に勤しんでいた訳で、それも当然でしょう。

 ちなみに、「イノベーション」について、ウィキペディアには次の様に書かれています。
 『一般には新しい技術の発明を指すと誤解されているが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味する。
 つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。』

 という意味合いからすると、冒頭の安倍総理のコメントは誤用かもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR