営業力の限界点

 原則、愛媛の賃貸仲介業は、業者間で管理物件を紹介し合う風土があります。
 どこかに良い物件があるのではないかと、梯子する方もいらっしゃいますが、実はどの会社も、どの店舗も、商品ラインナップはほぼ同じです。
 
 勿論、少数とは言え、中には特定の会社しか扱えない物件もあります。
 その場合、どれだけ店舗が遠くても、敷居が高くても、営業マンの態度が鼻持ちならなくても、入居希望者に選択肢は無いのです。
  
 賃料等の条件は、オーナー様が決めていらっしゃることなので、多少の交渉シロはあったとしても、原則変わりません。
 従って、お客様からすると、どの会社の、どの店舗の、どの営業マンから紹介されても、得られる結果は同じ。
 どうせ買うなら感じの良い店舗の、感じの良い営業マンから、と思うのは人情です。
 だからこそ、営業マンの対応の付加価値が試されます。

 「色んなお店に行ったけど、一番感じが良かった」
 品質でも価格でもなく、人に惚れて選んだという評価は、最大級の賛辞でしょう。

 数年前、某社が「仲介手数料ゼロ円」を大々的に打ち出しました。
 当然、同じエリアの同業他社は影響を受けます。
 弊社でお申し込みのお客様が再来し、「A社で仲介手数料ゼロと言われたんだけど、合わせてくれますか?」・・・。

 営業マンとしては、とてもショックです。
 積み重ねた信用と信頼とコミュニケーションが、全てお金で清算される気すらします。
 
 このお客様はまだ戻ってこられているから救い。
 理由も言わずキャンセルになり、いつの間にか他決することだってあります。

 営業力は偉大です。
 でも、限界もあります。
 お客様に損を与えてまで選んでくれとは言えません。
 寂しいけれど・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR