意識から行動へ

 ビジネスにおいて、一番愚かでありながら、頻繁に使われるワードは「意識を変えろ!」です。

 「数字が作れないのは、意識が低いからだ!」
 「一人ひとりの意識を改革しないといけない!」

 こうした言葉を聞く度、心の中で深い溜息を吐きます。
 勿論、言いたい気持ちは理解できますが、意味はありません。

 そもそも意識とは何でしょう。
 何より意識の高さは測れない。
 感覚でしかないのです。

 変えるとすればそれは、目に見える具体的な行動です。
 良く引き合いに出す事例を元にお話しします。

 世のため人のためという正義の心を持ち、正直に誠実に生きようとする「意識」の高いAさん。
 他人のことなどどうでも良いと考える、身勝手で我がままな「意識」の低いBさん。

 でもAさんは、勇気が無くてボランティア参加といった一歩が踏み出せません。
 Bさんは、「宣伝になる」という邪まな考えで、会社のパーカーを着て、これみよがしにゴミ拾いをしています。
 
 両者を比べてみれば一目瞭然。
 思いは別にして、一個でもゴミを拾ったBさんの方が、確実に社会貢献できています。

 かくも「意識」とは意味の無いものです。
 営業なら、「ロープレを毎日60分する」、「反響メールを60分以内で送る」。
 宅建受験者なら、「毎日3時間以上勉強する」「毎日50問テストをして30点未満だったら追試」。

 意味を持つのは意識ではなく、行動です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR