赦せることの素晴らしさ

 土曜8時「めちゃ×2イケてるッ!」というバラエティー番組は、正直余り好きな番組ではありません。
 但し先日は、10年間休養している、「極楽とんぼ」山本さんの復帰ということもあり、チャンネルを合わせます。
 
 御存知の通り山本さんは10年前、17歳の未成年少女とのトラブルで逮捕、所属してる吉本興行も解雇されました。
 その後、示談が成立し、不起訴となったにも関わらず、華やかな芸能界の表舞台からは消えたままです。
 
 昨年から、フリーのタレントとして単独ライブを行ったり、地元宮崎のFM局でレギュラー番組を持つ等、少しずつ復活へ向けて活動を再開しています。
 そして、この日が、記念すべき地上波復活の日となりました。 

 ドキュメンタリーとしての扱いながら、お笑い番組らしい演出もあり、バーチャルとリアリティの境目が判り難い展開。
 でありながら、53歳男の涙腺は崩壊し、久々に号泣しました。

 特に、まだ無名の頃から山本さんを慕ってきた、ココリコの遠藤章造、ロンドンブーツ1号2号の田村淳、ペナルティのワッキー、品川庄司の庄司智春、タレントの武井壮、いわゆる「山本軍団」のメンバーとのやり取りが秀逸。

 相方の加藤浩次が、ふてぶてしい態度ともとれる山本さんに、魂の叫びを投げかけます。
 「あの5人がどういう気持ちでお前を支えているのか分かっているのか?
 お前を擁護することは、この仕事をする上でリスクしかないからな。
 それなのに(この場に)出てきてくれているんだぞ!
 あんなに優秀な芸人になって、若い頃に世話して貰っただけで、ずっとお前の味方だよ!」

 ロンハーの田村敦さんは、普段TVで見せるニヒルさとは懸け離れた表情で、号泣しながらこう続けます。
 「皆さんの話を聞いていて、僕は山本さんを支え過ぎていたと思いました。
 でも、あの時山本さんは立っていられないくらいだったので、山本さんを支えないとと思いました。
 格好悪くても僕は山本さんについていきます。
 これからも僕にいろいろ教えて下さい。」
 
 10年間復帰を待ち望んでいためちゃいけメンバーの思いも同じでしょう。
 そして、今の山本さんを世間が受け入れてくれるか否か、極めて難しい手探りの番組構成であったことは痛いほど伝わりました。

 人は過ちを犯す生き物。
 その過ちを認め、受け入れ、赦せるからこそ、人は素晴らしいのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR