分相応の知識レベル

 最近、すっかり本を読まなくなりました。
 かつては、年間100冊以上読破していたにも関わらずです。
 
 まず第一の理由は老眼。
 寄る年波には勝てません。
 無理して読むと、夕方以降にどっと疲れが出ます。
 
 日経新聞は、毎朝、歯磨きしながら、立って読みます。
 老眼のピントが丁度合うことと、二面見開きのレイアウトを俯瞰することで、重要な記事が探し易いというメリットがあるからです。

 次に、インターネットにより、多くの情報を的確に仕入れられる点が挙げられます。
 以前は、判らない語句は辞書で調べたものです。
 今や、辞書を開くこともありません。
 確認したところ、かつて愛用した辞書は、デスクの引き出しの奥に眠っていました。

 ネットの魅力は、一つの言葉だけでなく、二つ以上の言葉を関連付けた検索ができることでしょう。
 例えば、「イチロー 作文」と叩けば、鈴木一郎君が小学校一年生の時に書いた有名な作文、「僕の夢」の自筆画像が検索されます。
 しかも、スマホなら時と場所を選ぶことがありません。

 必要な場所で、必要な時に、必要な情報を、瞬時に。
 実に効率的です。

 しかし、考えてみればこれは、ある程度の下地があってこそでしょう。
 最初からネットだけでは、興味のある情報だけをチョイスしてしまい、偏った知識になってしまいます。
 アスリートにストレッチが要るのと同様に、知識もある一定レベルまでは詰め込むべきなのです。

 ビジネスマンは、ビジネスマンなりの。
 管理職には、管理職なりの。
 役員には、役員なりの。
 社長には、社長なりの。

 人には、分相応の知識レベルが有ります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR