最大のコスト・大切な資産

 先日のグループ会議で、「利益率は原価率に反比例する」という話がありました。
 原価が上がれば利益が下がる、原価が下がれば利益が上がる・・・当然です。
 
 原材料費の低減には限界があります。
 大量一括仕入れは一つの方法ですが、在庫を抱え過ぎますと、倉庫代やロスによって寧ろ割高になることもあります。
 値上がり、値下がりのリスクも、孕(はら)んできます。
 やはり、中小企業の場合は、ジャストインタイムの仕入れがベストです。
  
 もう一つ大きな原価は、外注費。
 仕事をお客様のニーズに合わせて、円滑に進めるためには、有能なビジネスパートナーが必須です。
 しかし、外注費が膨らみ過ぎると、当然に利益は削られます。
 社員が生産性を意識しつつ、大車輪で仕事をこなし、それでもこなしきれない場合には、外注も致し方ないでしょう。

 さて、我々の賃貸管理・仲介業は、これといった原価はありません。
 外注も限られており、売上=粗利といった構図になります。

 その中で、広義な意味における最大の原価は、人件費です。
 一人増やせば、その分だけ、ダイレクトに利益が目減りします。
 多店舗展開の一つのメリットは、人繰りがフレキシブルであること。
 繁閑の波に合わせて組むことで、最小の人員でもシフトを回すことができます。

 社員の方々も自覚下さい。
 自らの存在が、最大のコストであるということを。
 一方で社員は、会社にとって最も大切な資産でもあります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR