FC2ブログ

メラキアの法則

 ワタミの渡邉美樹社長は、著書「強く、生きる」の中で、成功について次のように語っています。

「成功とは、いったい何でしょうか。
 それは決して、失敗しないことではありません。
 成功者とは、成功を積み重ねた人ではなく、山ほどの失敗をしてもくじけなかった人のことなのです。
 一方、成功に遠い人というのは、失敗を恐れて何もしない人です。
 もし、成功を語って失敗に言及しない成功者がいるとすれば、その人の言葉には偽装か隠蔽があると考えて間違いないでしょう。
 あきらめないかぎり、失敗は失敗のままで終わらず、次の成功へのステップになる。
 だから、失敗と成功は対極のものではなく、メビウスの輪のように地続きのものだ。」

 渡邉氏は、こうした思考習慣を総称して、「メラキアの法則」と呼びます。
 メラキアは、アキラメをひっくり返しただけの造語です。

 「成功したい」と願いつつ、「成功できないだろう」というネガティブな考えに惑わされながら、取りあえず一歩踏み出してはみたものの、躓(つまず)いて傷ついて、悩み迷うのが、ある意味人間らしさかもしれません。
 それきり投げ出すか、もう一度立ちあがってチャレンジするか、そこが人生の分かれ目です。

 カーネル・サンダース氏は、30代後半で独立し、ガソリンスタンドを経営しました。
 その一角を改造して作った、レストランの名物料理がフライドチキンです。
 長く経営を続けてきたある日、近くに高速道路が開通したことで客の入りが悪く成り、経営は行き詰まり、遂に店を手放さざるを得なくなります。
 手元に残ったのは、フライドチキンの製造法を記した一枚のレシピだけ・・・。
 カーネル・サンダース、65歳の時でした。
 彼は、そこから立ちあがります。
 その一枚のレシピを手に、全米のレストランを訪ね歩くのです。
 毎日毎日、断られても断られても、カーネルは諦めることなくレストランのドアを叩きました。
 そして、実に1,009軒断られ続けた末の1,010軒目、遂に提携の承諾を得ます。
 それが今日、世界105国15,580店に展開する、ケンタッキー・フライド・チキンの第一号店です。

 諦めない限り失敗は無い・・・この言葉が虚しく聞こえてしまう時、メラキアの法則と共にカーネルの行動を思い返して下さい。
 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR