入居対策の切り札

 昨今、少子高齢化や核家族化の影響からか、根強いペットブームが続いています。

 ある調査によると、「ペットを飼っている人」は4割。
 飼ってない人の内、「今後飼いたい」と思っている人は5割。
 つまり、世の中の凡(おおよ)そ半分は、顕在もしくは潜在したペットの市場と言える訳です。

 賃貸物件においても、ペット可物件の需要は旺盛で、特に猫の人気は急上昇中。
 吠えないし、室内で飼い易いことが決め手のようです。

 しかし、ペット可の物件は決して多くありません。
 首都圏でも2割弱、地方都市では1割にも満たないのが現実です。
 また、そうした狭き門を潜り抜けても、猫NGの壁にぶち当たります。
 
 猫の場合、爪とぎの習性があり、畳も床も壁材も所構わず爪とぎし、家中が傷だらけになってしまうからです。
 ひどい時には、補修費用が数十万に及ぶことも。
 想定される退去修繕費用が捻出できないために、引っ越しできないケースすらあります。
 
 今後、こうした需要に応えるべく、「ペット可」ではなく、「ペット対応」「ペット共生」物件が求められるでしょう。
 予(あらかじ)め、抗菌消臭機能の備わった傷つき難い素材を使ったり、腰の高さで見切りを入れて縁を切り部分補修で対応できる設(しつら)えとしたものです。
 共用部分に、足洗い場やペット用のトイレを設置したりもします。
 
 リフォームコストは少々高くついたとしても、家賃が上がり、入居率が改善し、収入が増えるのですから問題ありません。
 保証人や保証会社や保険を組み合わせれば、補修のリスクにも対応できます。
 今さらという感じの、ありきたりな提案ながら、紛れもなく入居対策の切り札です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR