働き方改革:後編

Q:3 幹部候補生として高学歴な人材が中途入社するものの、短期間で去っていく理由は?
A:3 MBA(経営学修士号)が邪魔になっている人がすごくいる。
 ケーススタディーを知っていて分析する力もあるから「自分はできる人材だ」と勘違いをしている。
 - 中略 -
 コンサルタント会社の業務は、経営者に「問題点はここです。こう改善すべきです。」と説明して終わり。
 だからこうした人たちには、「実行するのはあなたですよ」と言い続けている。

 まさしく、問題点の指摘、批判、論評でメシが食えるのは、コメンテーターか学者だけ。
 企業が求めているのは「評論家」ではなく「実務家」です。

Q:4 仕事とは何ですか?
A:4 僕は社員に、「明日の仕事を今日やれ」と言っている。
 本当の仕事とは、明日何が起こるか予測し、そのための準備や計画を明日までに間に合うようにしておくこと。
 それ以外は作業だ。
 作業だと毎日の繰り返しになってしまい、会社は変わることができない。」
 
 今日の仕事を今日の内に・・・これは良く言わる教訓。
 今日の仕事を明日に、明日の仕事を来週に、来週の仕事を来月に、来月の仕事を来年に・・・。
 そうやって先送りしてしまうのが凡人だからです。

 柳井氏は、「作業」と「仕事」を明確に区別しています。
 その上で、一歩先を行く「明日の仕事を今日やれ」。
 自社の未来を、自らが切り拓こうとする心掛けが伝播し、ユニクロを世界的なブランドに成長させたのでしょう。   以上
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR