真実は行動に表れる

 先だって実施したフォローアップ研修のレポートが届きました。

 Aさん = 当日22:00
 Bさん = 翌日
 Cさん = 翌々日
 Dさん = 一週間経過しても届かないので店長経由で督促

 同じ会社で、同じ人間に、同じ研修を実施したとしても、これだけ差が付きます。
 前職の会社では、「レポート提出は三日以内」というルールがありました。
 ルールを破ると顛末書、しかも経営計画書を数ページ手書きで模写しなければなりません。
 約二時間かかります。
 
 罪と罰を徹底することで、規律の文化が創り上げられたのは、偽りの無い事実です。
 しかし、最近になってそれは本当では無いと思う様に成りました。
 
 「ルールだからやる」「罰が嫌だからやる」
 決してそうではありません。
 多忙な中、講師が時間を取って教えてくれたことに対する礼儀や感謝の念。
 その思いを相手に伝えるのが行動です。

 22:00過ぎまでかかって、その日の内に提出してきたAさんは、そうした思いが強かったのだろうと評価します。
 一方Dさんが、「勉強に成った」とか、「ありがとうございます」とか口にしたとしても、それは嘘です。
 感謝も礼儀も希薄だったから、行動が伴わなかったのだと判断せざるを得ません。
 
 仕事も、ボランティアも、コミュニケーションも、総て共通。
 どれだけ心が美しくても誠実でも、行動しない限りは伝わらないもの。
 例え偽善や点数稼ぎやごますりであったとしても、世間は行動を評価します。

 言葉に真実はありません。
 真実は行動にのみ表れます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR