他人の痛み=自らの痛み

 熊本・大分の大地震は、4月14日の第一波から3週間が経過しました。
 徐々に沈静化する傾向にはありますが、今もなお震度3前後の揺れは続いています。
 
 温泉県大分は、観光が主要産業の一つ。
 しかし、書き入れ時のゴールデンウィークを地震被害が直撃し、キャンセルが相次いでいるそうです。
 下手な自粛より、観光で貢献したいと思った人は沢山いた筈でしょうけれど、終息しない揺れに水を差されてしまいました。

 連休を利用して、全国からのボランティアも現地に駆けつけましたが、受け入れ体制が整わなかったり、悪天候による二次災害への懸念から、引き取らざるを得ないケースも少なくなかったようです。

 一人の力は限られています。
 大きなことはできません。

 公益社団法人愛媛県宅地建物取引業協会では、1,000を超える会員全員から寄付を募り、熊本の同志の元へお届けします。
 我が社では、一週間後に執り行われた全社会議の席に募金箱を設け、集めた金額を日本赤十字基金にお届けしました。
 
 金額の多寡は二の次として、国民一人当たり100円が拠出されれば100億円です。
 できる範囲の善意が集まれば、どれだけ多くの命が救われるでしょう。

 21年前の阪神淡路大震災。
 5年前の東日本大震災。
 もはや日本に、「ここなら安全」という場所はありません。

 阪神淡路大震災発生前の兵庫県は、寧ろ地震の起き難いとされたエリアでした。
 今回の熊本についても、二年前に見直された地震保険の等値区分では、最も安全とされる一等地。 
 一方、東海地方は、1970年代から大地震の到来が予想されながら、今日に至っています。 
 
 地震予知の難しさは、いつ何時我が身に降りかかるか判らないということの証明でもあります。
 つまり、いかなる災害も他人事ではありません。

 他人の痛みを自らの痛みと感じられる社員の集う会社でありたいと思いますし、そうした優しさ溢れる人々と関わって生きたいものだとも思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR