店舗対抗コンペ

 今月、松山久米店の管理物件を対象とした、「店舗対抗リノベーションコンペ」が開催されます。
 リノベーションとは、リフォーム+イノベーションの意味です。

 雨漏りを直す、建付けを直す・・・といった、マイナスをゼロに戻すのが通常のリフォームとすれば、機能や設備やデザインを付加し、より快適な住まいを提案するのがリノベーション。

 何故、店舗対抗のコンペにしたか?というと。

1. 入居者ニーズを最も熟知した営業マンの知恵を活かす
 大家様よりも、社長よりも、多くの入居者の声を聞いているのが営業マンです。 
 その情報・知識を引き出さない手はありません。

2. 主体的に取り組むことで、より能動的な斡旋に期待
 ともすれば営業マンは、決まらない理由を並べたてるだけの、傍観者に成りがちです。
 「何故決まらないか」の発想を、「どうすれば決まるのか」に切り替えることで、当事者意識が芽生えます。
 自分達がプロデュースすれば、それなりの責任感も生まれ、積極的に決めようとするでしょう。

3. どうせ仕事をするのなら楽しく活き活きと
 大家様にとって空室対策は深刻な問題です。
 かといって、「怒られるから」「管理を外されてしまうから」という発想はネガティブ。
 店舗対抗で競い合うことで、「良いお部屋を作ろう」「一番に決めてやろう」という意識が高まり、「ゲーム感覚」を楽しみながらも成果が期待できます。

 当たり障りのない、ベーシックな提案では差別化できません。
 奇をてらい過ぎると、ストラークゾーンを狭めます。
 はたまた、コストを掛け過ぎると収支が悪化します。
 
 そして、最終的に大事なのは結果を出すこと。
 入居者も、オーナー様も、我が社も、三方良しのwin-win-winを目指しましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR