庶民感覚からの乖離

 東京都知事が公用車で、週末毎、神奈川の別邸へと往来していたことが報じられています。
 海外出張時の経費が、余りにも高額であったことも、再度クローズアップされました。
 
 私如きが、この件に関しての是非を問うつもりはありません。
 要職にある方は、移動・出張持の疲労を最小限に留め、戦略的な思考に充てて貰うべきだとも思います。

 自分は、社長職に就いて8年、それ以前の役員時代も含めると十数年、いわゆるエグゼクティヴを務めています。
 その間、出張時の経費は極力抑えるように心掛けてきました。

 原則、飛行機はエコノミー、JRは自由席、フェリーは二等席です。
 エージェントが気を利かせ、サービスでつけてくれた場合のみ、広島行きの高速船で2Fスーパーシートに座れます。

 十年ほど前、御盆期間中の新山口行き新幹線自由席車両に乗車し、品川から京都まで座れなかったこともありました。 
 これは、やり過ぎですが・・・。

 そう言えば、飛行機ビジネスクラス搭乗の経験が一度だけあります。
 航空会社がオーバーブッキングして、変更を”お願い”された、怪我の功名です。

 今でも、タクシーを使うのは年1~2回。
 高速道路利用も、年間3万㎞走行する中で、僅かに数回程度です。

 こうした習慣は、経費削減の意識の高さというより、生来の貧乏性に起因しています。
 言わば「勿体ない病」です。
 
 是非はともかく、TOPの経済観念が庶民感覚からずれてくると判断を誤ります。
 要職に就くのであれば、そこを忘れてはいけません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR