後悔先に立たず

 先日、日本男子ソフトボール西日本リーグ開幕シリーズの応援で、尾道に遠征した際のお話しです。
 熱戦の余韻を受け、バスに乗り込み帰路につきます。

 自分は、SNSを通じて、「高速道路通行止め」「国道11号大渋滞」の情報を掴んでいました。
 今治来島SAで休憩する直前、隣の席の方と「運転手に教えて海岸線回りを奨めようか」という話までしていたのです。
 
 ところが、実行に移しませんでした。
 何故かと言うと・・・。
 
 ・ 通行表示板等で、当然に認識しているだろう
 ・ 交通会社だから、会社から情報が行っているかも
 ・ プロのドライバーだから、総合的に判断するだろう
 ・ そうこうしている内に、通行止めが解除されるかもしれない

 「だろう」と「かも」が幾重にもこだまします。
 「素人が知ったかぶりして口を挟むのは良くない」
 「海岸線が混んでいたら、自分の責任になる」

 様々な思いが去来します。
 ところが、この判断が致命的なエラーだったのです。
 
 車は今治市内を抜け、往路と同じ高速道路に進入。
 そして、当たり前の様に小松インターで下されます。
 向かった先の国道11号線は大渋滞。

 そこで、バスは渋滞を避け、大きく迂回して今治に戻る選択をします。
 尾道を15時過ぎに出て、松山に到着したのは20時前。
 通常の倍を要しました。

 返す返す、「あの時、ドライバーに進言していれば・・・」。
 後悔、先に立たずです。

 知っていることと、実行できていることは違います。
 実行しなければ、知らないのも一緒。
 大袈裟な様ですが、仕事や人生における、貴重な教訓と言えるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR