裁かれない罪人:後編

 以前、「裁かれない罪人」という作品を、劇団のシナリオ公募にエントリーしました。
 お蔵入り確実の駄作ですが・・・。
 罪を犯し獄中の人となった娘「なぎ」と、面会する方言丸出しの母親との、クライマックスでのやり取りです。

母親  そうそう。 
    母さんな、父さんと結婚する前、日曜日毎教会に行きよったんよ。
    さっきの公平君の手紙読んでなぁ、ヨハネの福音書 第八章「姦淫の女」って話を思い出した。
    なぎさん知っとる。

なぎ  ううん?

母親  とある町の住人達が、一人の女を引っ張り出してから広場の中央に立たせよる。
    何でか言うたら、イエスという人がどんだけ立派な人かを試すためによ。
    「この女は姦淫(かんいん)の場で捕えられました。
    モーゼは律法の中で、姦淫の罪人は石で打ち殺せ!と命じています。
    イエス様、あなたはどう思いますか?」言うてな。

なぎ  イエス様は、どう答えたの?

母親  「あなた方の過去を振り返り、一切罪のない者から、この女に石を投げつけるが良い。」

なぎ  みんなは石を投げたのかしら・・・。

母親  ところがよ、まず一人の老婆が、背を向けて立ち去る。
    それから、老いも若きも、男も女も、一人ひとりとその場を離れる。
    ほんでから遂に、その女とイエスの二人だけが残される。

なぎ  何て幸運な・・・。

母親  いんや、それは幸運でも偶然でもない。
    当たり前のことなんよ。
    石を投げる人がおったとしたら、その人は大概、善人じゃないぜ。

なぎ  善人じゃない?

母親  ほしてから最後に、イエスはこう言うた。
    「誰も居なくなったのですね。
    私もあなたを裁きません。
    どうぞ貴女もお帰りなさい。」ってな。

 勿論、私も貴方を裁きません。  完
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR