裁かれない罪人:前編

 休日に自宅で寛いでいると、TVから飛び込んでくる話題はゴシップばかり。
 年初から、「ベッキーのゲス不倫」、「乙武洋匡氏の一夫一婦制では不満足」、「覚醒剤に溺れた清原和博氏」・・・。
 まさに枚挙に暇が無い状況です。

 昔から、スキャンダルは一般庶民の大好物でした。
 需用があるから供給があり、市場が成り立つのは必然です。

 また、著名人は、そうした風評に晒されるリスクも踏まえ、有名税込みで高額なギャラがある訳で、プライバシーを暴かれることもある程度仕方ありません。
 そうした仕組みを理解した上でも、昨今の取り上げられ方は少し過剰。
 非難や攻撃がサディスティック過ぎます。

 まず、インターネットによって情報が簡便かつ大量に発信される。
 その情報に対し、俄か評論家の個々人が意見と感想を乗せ、シェアされていく。
 この連鎖によって、情報が増幅し、当事者は全国民から袋叩きされているかのような錯覚に陥る。

 乙武さんのコメントが全てを表現しています。
 「大学3年の時に『五体不満足』が出版され、明るくさわやかなイメージが虚像で重荷となった。
 世間が期待するイメージを演じてきたが、本当の自分を分かってほしいという気持ちがプライベートで出てしまった。」

 まあ、これを言い訳としたのは失敗ですが、正直な気持ちでしょう。
 人生は、欲と理性の戦いでもあります。
 何よりも訴えたいのは、誹謗・中傷・批判する方々は、どれだけ立派な人間ですか?ということです。   つづく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR