点から線へ、線から面へ

 仕事には、「点」と「線」と「面」があります。
 例えば、「契約書に貼付する15,000円の印紙を買ってくるように」というおつかいを、部下に指示します。
 部下は颯爽と自転車で買いに行きました。

 ところが、郵便局に着いた部下から電話。
 「社長、15,000円の印紙は無いそうです。 どうしましょうか?」
 これが「点」の仕事です。

 確かに、15,000円という額面の印紙はありません。
 しかし、「契約書に貼付する」となれば、1,000円印紙15枚では無いでしょう。
 最も枚数が少なくて済む、1万円と5千円の印紙を買って帰るのが常識です。

 その印紙を、領収証と併せて買って帰り、貼付に使う水を含んだスポンジケースを差し出せれば「線」の仕事。
 金券ショップに問い合わせてコストダウンしたり、契約金額・領収金額毎に必要な印紙の種類をネットで調べて配信&掲示できるのが「面」の仕事です。

 そこまで行くと、上司も部下を信頼し、阿吽の呼吸で仕事が任せられます。
上司 : 明後日の1億2000万円の売買契約に貼付する印紙幾らだったっけ?
部下 : 6万円です。買ってきましょうか?
上司 : ああ頼むよ。

 一つひとつ指示を受けないと完結できないのが「点」の仕事。
 一つの指示を受けた際に、その目的を理解し、先読みできるのが「線」の仕事。
 更に発展して、他の人や、今後の仕事がスムーズに進む様に改善できるのが「面」の仕事。

 点から線へ、線から面へ。
 重要な心掛けです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR