刑務所に入る確率

 なかなか面白いデータを知りました。
 
 「中卒社長を標榜している松岡さんにとって、知りたくないとは思いますが・・・。
 義務教育のみ受けた人間は、大卒者に比較して、刑務所に入る確率が30倍以上高く成ります。」
 
 刑務所の入所者全体を100とした場合、中卒以下の比率は40%超。
 一方、大卒者は僅か5%しかありません。

 しかも、中卒者が全人口に占める割合は、大卒者と同じ2割程度しかありません。
 これを、人口十万人当たりで、刑務所に入る割合を導いた「入所率」に置き換えますと、
   
 ◆ 中卒 : 男=224人  女=14人
 ◆ 大卒 : 男=  7人  女= 1人

 いやはや、一切手心を加えないデータの前に、ぐうの音も出ません。
 この理由についても分析します。

 一般的に、学歴が低いということは、就職が困難あるいは就職先が限定的。
 就職できたとしても、所得レベルは総じて低い。
 実際に、中卒と大卒との年収比較では、1.7倍程度の開きがあります。
 「貧すれば鈍する」ということです。
 
 かつて、永山則夫さんという死刑囚が居ました。
 犯罪は悪いことと認識しつつも、貧困の極みにあった被告の生活背景に対し、世間からは異例とも言える同情的な声が寄せられます。
 永山さんは、読み書きもできない状況から独学で執筆活動を始め、牢獄の中で「無知の涙」を上梓しました。
 
 「最初から、つまり逮捕された時点で、私が計画的にこの事件を実行したとしたならば、世論は私に、そして私の家族の者たちへ同情などしたであろうか? 
 多分、毛頭の程も存しなかったであろう。
 『無知』、これでなければならなかったのだ。
 この『無知』であろうとする一言的表現に、すべては尽きる。」

 学歴以前に、人は学ぶべき、学ばなければならない、学ばせねばならない生き物です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR