さらば花粉症

 私が花粉症を患ったのは、中3の春からです。
 当時は花粉症という言葉もなく、周囲からは「蓄膿症」と言われる始末。
 それから毎年、酷い症状に悩まされてきました。
 
・ 夜も眠れない程の鼻詰まり
・ 目玉を取り出して洗浄したくなるような痒み
・ 何連発もして腰にまでくる、くしゃみ
・ 背骨付近やベルト跡を襲う湿疹と猛烈な痒み・・・

 病院にも通い、処方された「アレロック」は良く聞きますが、副作用として猛烈に眠くなります。
 一度、深夜0時に就寝して、目覚めたのが翌夕17時ということもありました。
 
 今春、花粉の飛散量は例年以上と言われ、戦々恐々としていたものの、不思議に症状がありません。
 少しだけ、目の痒みを感じることはありますが、例年に比べれば極々軽度。
 最初の発症から40年弱、こんなことは初めてです。

 その理由を探っていたのですが、思い当たる理由は一つだけ。
 それが「当帰」です。
 
 今年、2月初旬、県内企業人事担当者の集う「人の会」OB会が、八幡浜で開催されました。
 そこで、SRSコメンスメントの荒掘さんから、「当帰」の粉末を一パック頂いたのです。
 荒掘さんは、農家の付加価値を高めるための取り組みとして、大洲長浜で「当帰」を栽培されています。

 「ちょっと苦いが身体が喜ぶ」
 粉末状の「当帰」を、小さじ1杯程度お湯で溶き、お茶の様にして飲むだけ。
  
 花粉症に効く抗アレルギー・抗炎症だけでなく、高血圧防止、糖尿病回復、動脈硬化予防、肝臓病改善、肩こり、頭痛、冷え性等、幅広い効能があるようです。

 詳しくはwebで・・・。
 http://www.srs-commencement.co.jp/srs/index.html
 
 1パック3,000円は高いと思うかもしれませんが、1杯に使用するのはごく小量なので相当持ちます。
 なお、あくまでも個人の感想であり、効果を証明するものではありません(笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR