アカウンタビリティー

 原則、企業の異動・転勤は、辞令一枚です。
 事前予告も説明も拒否権もありません。
 それでも拒否するならば、進退をかけることになります。

 金融機関の場合、2~3年毎に異動があり、引き継ぎも含め、辞令発効から一週間で赴任しなければならないようです。
 早めに告知してしまうと、現行の職場での仕事に身が入らなくなる恐れがあります。
 お金を扱う仕事だけに、不正防止の観点もあるでしょう。

 さて、大企業に比較して中小企業の場合、異動や転勤は頻繁ではありません。
 従って、社員の理解度自体も薄いものです。
 当然として受け止められる大人の組織で無い以上、アカウンタビリティー(説明責任)は上司の勤めだと思います。

 というより、企業の規模の大小に関わらず、できることなら説明責任はあるべきでしょう。
 何故、異動することになったか?
 異動先で貴方に期待すること。
 ここが上手く伝えられるかどうかで、社員のモチベーションは大きく変わります。

 何れにしても、異動・転勤といった組織変更は、戦力を最善・最強化することが狙い。
 申し渡す側も、受け取る側も、原理原則を踏まえた上で、真摯に向き合って頂きたいものです。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR