有難いこと

 女性人気タレントの不倫騒動、国民的人気グループの解散騒動、主要閣僚の辞任騒動・・・。
 新しい年が明けて一ヶ月しか経ってないのに、今年の漢字は「騒」かという感じの正月が今日で終わります。

 我が社にとっても、何かと騒がしかった昨年12月。
 組織変更やイベント等に追われ、バタバタと駆け抜けたにも関わらず、新年のスタートは比較的スムーズでした。
 店長や社員の皆さんが、自分の役割を弁え、しっかりとこなして下さったお陰と感謝します。

 そして明日から、いよいよ2月。
 2~3月は、今期の業績を占う二ヶ月と言っても過言ではありません。
 20代後半、某菓子店で店長を務めていた頃も、この時期は繁盛期でした。
 
 クリスマスが終われば、すぐさま年末年始。
 正月気分も抜けきらない内にバレンタイン商戦。 
 バレンタイン終了と同時にホワイトデー。
 雛まつり、端午の節句・・・。

 イベント満載、文字通り書き入れ時が続きます。
 人間は身勝手なもので、次から次に御客様が押し寄せて来られると、ついつい「有難み」が薄れ、「当たり前」と思ってしまうものです。
 そんな時、朝礼でスタッフに呼びかけ、自らをも戒めました。

 「ケーキを車に積み、無作為に家のドアをノックして、売り歩いたとしたら、果たして何軒買ってくれるでしょう。
 セールスと判った時点で、居留守を使われるか、言下に断られるか。
 そう考えますと、遠いところからわざわざ買いに来て下さるお客様がいかに有難いか。
 来店される御客様を、お一人お一人訪問先のお客様と思って接しましょう。」

 不動産も同じです。
 いや、不動産の方が更にハードルが高いかもしれません。
 
 先日、閉店間際に来店した御客様を、松山南店の森さんが案内されました。
 店に帰った後も商談は続き、御見送りしたのは21時過ぎ。
 さぞかしお腹が空いたことでしょう。 本当におつかれさまでした。
 方や過去には、退職社員が閉店間際のお客様を邪険に断り、帰してしまう場面に遭遇したこともあります。
 
 来店下さることを、「当たり前」と思うか、「有難い」と思うか。
 それが感謝の言葉、「ありがとう」の語源です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hideo Matsuoka

Author:Hideo Matsuoka
・生年月日 昭和37年10月30日

・好きな言葉 
今日は残された人生の最初の一日

・信条「先憂後楽」

・尊敬する人 
稲盛和夫 西川広一 松下幸之助

・資格 ①宅地建物取引士
    ②建築2級施工管理技士
    ③マンション管理業務主任者
    ④防火管理者
    ⑤少額短期保険募集人
    ⑥損害保険募集人
    ⑦損害保険商品専門総合
    ⑧不動産キャリアパーソン
・趣味
 劇団AUGAHANCE初代代表
 主に脚本・演出を担当

・経歴 
 中卒後、大工・石工と職人道を歩む
 平成2年 
 ㈱中岡組 (ジョーコーポレーション)入社
 マンション担当役員→常務執行役→管理会社代表を歴任
 平成21年 ㈱NYホーム起業

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR